blog

頑張りすぎない ネパールからの学び

ネパール人は頑張るという言葉があまり好きではないようです。「日本人はいつも頑張ってねと言うけど・・」と言われたことがあります。いつも頑張っていたらここぞという時はどうするの?という事です。

いつも頑張る自分というのが好きなのは日本人くらいかもしれません。それを国際標準と考えてはダメなのです。それは欧米の人も嫌がります。生活は楽しむものであるというスタンスの方が、むしろ世界ではスタンダードかもしれないと留学していた時に感じました。

ネパールでは、「ビスターレビスターレ」つまりゆっくりゆっくりということを常套句として使います。つまり真逆ですね!急いでもろくなことはない、ゆっくり一歩一歩で良いよということを常に言っているのです。

そもそも頑張るとは、自分の限界の力を出すことのような気がします。つまり、常に早い速度で運転している。そうすると、ストレスがかかり余裕がなくなるのは当たり前です。それよりも普通の速度で普段の生活をして、ここぞという時にスピードを上げられる状態の方が自然のような気がします。

私もつい頑張ってしまう傾向があるので、よく「ビスターレビスターレ」と言われました。 そもそも、何のために?なぜ、頑張ってしまうのか。それは、常に競争があるからかもしれません。また、常に努力するストイックさ、真面目さが日本のの価値観では重要だからだと思います。

しかしもう、その思い込みからもう開放されても良い時代に入ったと感じています。日本でももう少し楽に生きることが新しいスタンダードになれば良いなと思っています

スピードを緩めると、今まで見えなかった景色を見る余裕が出てきます。新たな時間と楽しみ方も発見できます。何よりも自分であることを楽しむことが人生の第一の目的だと知ります。

コロナが自分に戻る時間を沢山与えてくれて気づいたこと。それは、他人とのことや競争よりも、誰もが自分の楽しみと幸せを優先させるのが当たり前なのだとうことではないでしょうか。これからはそのことが大事にされる社会に、日本が生まれ変わるような気がしています。

ネパールでは、「お茶飲んだか?」「ご飯食べたか?」というのが挨拶なのですが、若い頃はどうしてそんなこと聞くのだろうと思っていました。(笑)

でも今ならわかります。いかに彼らが日常を、自分を大事にしているのかということ。仕事よりも、美味しいお茶の一服、美味しいご飯、それを楽しむことが出来たか?と聞いているのです。逆に、それを楽しんでいないというのは彼らにしてみれば大変なことなのです。

頑張って物質的な豊かさを皆が追い求めてきた結果が、環境破壊を招いていると考えると、日常の楽しみを大切に暮らすことの方が本来の姿ではないかと思うのです。

足を知る、物を長く愛するという価値観に戻り、誰もが精神的な平穏を得ること。それこそが平和な未来の姿だと思います。

関連記事

■次回のORIENTAL GATE展示会 ネパールより、春夏の自然服やアクセサリーをお届けします。是非お立ち寄りください。 日付:2020年7月7日(火)〜19日(日) 時間:12時~18時 会場:ザ・エスノースギャラリー 台東区谷中3-13-6 2F

■ORIENTAL GATE online shop OPEN!