philosophy

Arts of Nature

時代の変化に伴い、私たちのマインドは人工的なものの真逆にある、自然に向かっていると感じます。何故なら人間は、自然にこそ癒しと優しさがあることを本能的に知っていると思うのです。同時に、私たちは自然の厳しさをより身近に感じることも多くなりました。そのこともまた、地球が未来のための方向修正を私たちに示してくれているのかもしれません。

厳しい自然は同時に、優しく、美しく、一つ一つがアートである。そして私たちはその自然と共存していかなければなりません。そのためには本来人間があるべき姿に戻ること、よりシンプルに生きること。

ORIENTAL GATE は、大自然ヒマラヤを有するネパールで、自然と手仕事、伝統を守るモノづくりをしています。そして自然の美という本質的な価値を尊び、新しい時代にふさわしい商品を提供してまいります。

自然との共存 大自然のエネルギーを纏う

人間は自然の一部。その当たり前のことを自覚し、自然に対して畏敬の念を抱く時、自ずと進むべき方向が見えてきます。自然と共存し自然のエネルギーを借りるという姿勢こそが、人間が築くことができる持続可能な未来に必要だと考えます。純然たる自然素材を纏う時、人は癒され本来の姿を取り戻します。大自然の地ネパールから、自然の美しさと癒しの力をお届けできることはこの上ない喜びです。

SDGs の実現 自然と伝統を守るスローなサイクル

ORIENTAL GATE のアパレルは100%天然素材を使用しています。また、大量生産の対極とも言える手紡ぎや手織りという伝統的な生産方法によってネパールで丁寧に作られています。SDGsを実現するため、地球に負荷をかけない、スローなサイクルを守ります。手間暇を掛けることでしか作れない風合い、手が生み出す暖かな表情が特徴です。

自然素材の服 サステナビリティの追求

流行に惑わされず、愛着を持って「長く着られるデザイン」とはどういうものなのか。暑さや寒さ、気温の変化にも「心地よく適応できる素材」とはどういうものなのか。ORIENTAL GATE はひとつの着地点として「シンプルで着心地がよくリラックスできる」ナチュラルな大人の女性の日常に寄り添う、サステナブルなシルクやリネン、コットン素材の服をご提案します。通気性と速乾性、保温性など、自然素材の素晴らしさはあなたの肌で感じることができます。

パシュミナ ヒマラヤの自然と伝統の結晶

ヒマラヤの4000m付近の高地に生息するチャングラ山羊のうぶ毛を原料とする伝統的毛織物です。年に一度、厳しい冬の寒さから身を守った一番内側の極細の毛が梳き取られ、遠い秘境の村からカトマンズまで運ばれます。その毛を数多くの工程を経て手紡ぎ、手織りで織り上げた希少価値の高い逸品です。一度途絶えたルートと技術を現地のパートナーと復興させた幻のパシュミナ。自然のままの色は美しく、ヒマラヤの自然の恵みそのものです。極上の肌触りと暖かさを体感していただければ幸いです。

■次回のORIENTAL GATE展示会 ネパールより、春夏の自然服やアクセサリーをお届けします。是非お立ち寄りください。 日付:2020年7月7日(火)〜19日(日) 時間:12時~18時 会場:ザ・エスノースギャラリー 台東区谷中3-13-6 2F

■ORIENTAL GATE online shop OPEN!