blog

ORIENTAL GATE株式会社 CEO 赤池静 ご挨拶

はじめまして、CEOの赤池です。

ちょうど1ヶ月前の9月20日に、ORIENTAL GATE株式会社を設立しました。設立の前後の怒涛のような忙しさがようやく過ぎ去り、やっと一息ついています。この会社は仲間と3人で設立しました。3人揃ってからまだ1年にもならないのですが、出会った日にブランドを立ち上げる約束をして、以降同じ方向を見て進んできました。不思議といえば不思議、でも私の人生の中では時折うっすらと予感というものが働くので、こうなったのも何となくわかっていたようなそんな感じです。

お洋服だけではなく、アクセサリーやストール、雑貨、そして食品なども取り扱う、いわゆるライフスタイルブランドというものになります。

仲間の一人は、CCO(Chief Creative Officer) を務める掛田恭子さん。WEB媒体のデザイン全般に加え、コンサルティングも出来てしまう、マルチな才能の持ち主です。Websiteも恭子さんが作り、発信しています。商品企画の全体的なディレクションの責任者も彼女が務めます。

もう一人の仲間は、CMO(Chief Marketing Officer)を務める三田村美和さん。ミモザガーデン自由が丘というレンタルスタジオのオーナーであり、キッチンスタジオでのお料理教室を主宰されています。ネパールとの出会いにより、ハーブ&スパイス研究家としての活動を加速しています。抜群のインテリアと食のセンスを持つと同時に、サロンマダムとして幅広いネットワークを活かしての活躍が期待されます。

というわけで、素敵な仲間を得て、服だけでないネパールの素敵なものを丸ごと素敵に紹介したいという私の夢が叶いました。

1995年イギリス留学の前に旅行で行った24年前のネパールは、全く何もない状態でした。そのネパールに可能性を感じることができたのは、幼い時から、素材を探してゼロから作ることしていたからです。素晴らしい素材があれば、デザイン、加工を経たらモノが出来上がる。そのシンプルな法則を信じて実践してきました。

なぜネパール?というのはもう答えが出ていますね。人工的なものが全くない、未開発の自然とその由来の素材が沢山あること。つまりそれは、シルク、綿、麻、ピュアなカシミヤやパシュミナの原毛であったり、宝石の原石であったり、ハーブ、スパイス。そしてそれを、大規模ではなく、人の手を使った伝統的な技術で加工していること。いまだに大量生産の工場が進出していないおそらく最後の国、そしてSDGsが叫ばれる今になっては宝の国となりました。

これから始まる ORENTAL GATE をどうぞよろしくお願いします!

ORIENTAL GATEのFACEBOOKページができました!フォローよろしくお願いいたします。

関連記事

■次回のORIENTAL GATE展示会 ネパールより、春夏の自然服やアクセサリーをお届けします。是非お立ち寄りください。 日付:2020年7月7日(火)〜19日(日) 時間:12時~18時 会場:ザ・エスノースギャラリー 台東区谷中3-13-6 2F

■ORIENTAL GATE online shop OPEN!